買ってよかったもの

LIXIL(リクシル) キッチン混合水栓用 取替浄水スパウト JF-SE6[レビュー]

9月買ってよかった1位は間違いなくコレ、水にこだわりは無いけど塩素臭はどうにかしたいひとに全力でおすすめしたい

LIXIL(リクシル) 取替浄水スパウトとは

水栓のヘッド部分を交換するだけで、見栄えそのまま浄水機能付きにできる。カートリッジ交換もラクラク。切替ひとつで「浄水」「シャワー」「整流」が使える。シンプルなデザインで取り付けはもちろん浄水のメンテナンスはカートリッジの取り替えのみ。グッドデザイン賞も受賞した優秀なデザインでキッチンの邪魔にならない。

LIXIL(リクシル) 取替浄水スパウト JF-SE6 の対応機種を確認する

こちらの取り替え浄水スパウトはどんな水道でも取り替えられる訳ではないので、対応機種の確認は必須。

公式サイト:https://www.cartridge.lixil-online.com/torikae-spout/

LIXIL(リクシル) 取替浄水スパウト JF-SE6 を購入しようと思った背景

水にこだわりはないが塩素の味・香りは苦手

日本のお水は基本安全でうまく、我が家は水にこだわりはそこまでない。全然水道水直飲みで水をガブガブ飲めるタイプ。ただ、水道水はやっぱり塩素の香りが強い。

お茶や料理に使うときは一度ケトルで沸騰させてから利用してる。ケトルは800mlぐらいしか一度に沸かせないので1L必要になると2回もお湯を沸かさないといけない。さらに、常温で使用したいときは冷やす手間もある。常温のすぐ使えるおいしい水はほしい。

水を購入するにはコストも場所もとる、そして重い

どうしても水が必要なときは購入するが、ペッドボトルの水は重いし場所をとる。そしてペットボトルのゴミも出る。家は拾いが収納が多い訳ではないので、このデメリットは大きい。

取替浄水スパウトを取り付けてみた

LIXIL(リクシル) 取替浄水スパウト JF-SE6 は楽天で購入

取り付けは1分で終わる

付属されてる取り外し用の工具を根元に刺すと蛇口部分が取り外せる。取り外したら購入した取り替え浄水スパウトを差し込む。差し込んだ後に浄水用のカートリッジを付ける。以上で終わり。

LIXIL(リクシル) 取替浄水スパウト JF-SE6 のレビュー

取り付けが簡単でシンプルなデザイン

取替浄水スパウトをつける前は蛇口につけるタイプの浄水器を検討していた。後付けタイプの浄水器の機能については不満はないがデザインだったり嵩張る大きさだったり、浄水機能以外のデメリットが多いなと感じていた。

今回の取替浄水スパウトはその辺を見事に解消している。特にデザイン面。スッキリしていてお気に入りだ。

LIXILキッチン 取替浄水スパウト JF-SE6の使用感想

塩素っぽい香りが消えて水が一気に飲みやすくなった。水に対してこだわりが強いタイプではないので今の使用感で十分自分が飲みたい水になっている。満足。

浄水で水出しコーヒーも淹れてるし、お茶も水出しで入れられるようになった。ずっと沸騰した水を使っていたので手間と時間がかかっていたのに、その分が削減されてかなり満足。入れたコーヒーやお茶は冷蔵庫に保管1日以内には飲み切るので安全性も問題ないと判断している。

細かい機能だが、シャワーになるのもよかった。我が家は水圧が悲しいほどないのでシャワーになることで洗い物が多少捗った。良い副産物。

コストパフォーマンス

取替浄水スパウト JF-SE6の本体は6000円、2Lペッドボトル60本分。うちは常温で飲む場合にのみ浄水器を使用するので1日1Lぐらいの消費、単純計算で120日、大体3ヶ月ぐらいで元が取れることになってる。ちょうど、1箱消費=ペッドボトル60本ぐらい、それ以降は1L5円で飲むことができる。

LIXIL(リクシル) 取替浄水スパウト JF-SE6 のまとめ

9月に買ってよかったもの、1位

美味しい水を手に入れられたこと、コーヒーやお茶を時短で入れられるようになったこと、シャワーになったこと、デザインコスト面においても良いとこばかり。めっちゃ買ってよかった。

蛇口につける浄水器を探していて、キッチンがLIXL製ならぜひご検討を

心の底からお薦めできるので、もし私と同じ水に強いこだわりはないけど蛇口に浄水器つけたい人、そしてキッチンがLIXILの人にはぜひ購入してほしい。※めっちゃめちゃ限定されてる。

ABOUT ME
だらもと
家電とガジェットが好きなアラフォー♀。自分がいいな!と思った商品や、商品を選ぶための過程などを紹介しています。在宅フルリモートワークなので、作業効率が上がるデジモノや気分の上がるインテリアが好きでよく購入します。